大自然の中で舞台芸術を中心に学べる高校

image_dance_01

りら創造芸術高等学校(現在は高等専修学校。2016年4月開校)

りら創造芸術高等専修学校(りらそうぞうげいじゅつこうとうせんしゅうがっこう)は和歌山県海草郡紀美野町真国宮56に所在する高等専修学校。
学校法人りら創造芸術学園が運営している。
2016年(平成28年)4月より、「りら創造芸術高等学校」(学校教育法の一条校である通常の全日制高等学校)に移行する予定。

通常の一般教科を学びながらダンス、音楽、演劇、美術、造形芸術、伝統文化などをプロの現場で活躍している講師から深く学ぶことができる独自のカリキュラムが特徴。

芸術高校はそれなりに見かけますが、どちらかと言えば美術や造形だったり、美大を目標にした学校が多いと思いますが、こちらの学校は「舞台芸術」を中心にしていることが特徴ですね。
ダンス、音楽、演劇、ミュージカルなど。年に何度も舞台を自分たちで手作りして公演していくスタイルはかなり珍しいのではと思います。

場所は和歌山県の山村なのですが、学生寮も完備されているので全国から学生が集まっているようです。

ダンスが学べる高校 りら創造芸術高等学校